コロナによって地域のつながりが増えた話

コロナによってみなさんどのように変わりましたか?

挙げたらきりがないほどあるのではないでしょうか?

その中でも、「良かったこと」ってなんでしょうか?

ネガティブな話題にしても微妙なので、ポジティブな内容で進めていきたいと思います。

個人としては、次のカテゴリー「ヒト・モノ・カネ」が増えることが「良かったこと」という指標で考えると、以下のような状況です。

<良かった評価イメージ>

  1. ヒト
    1. 新しい出会い増加
    2. 家族や親族、または既存の友人・知人との関係強化
  2. モノ
    1. 欲しいモノを手に入れる
    2. 新しいサービスを手に入れる
  3. カネ
    1. 有形資産が増える
    2. 無形資産が増える

<今の状態>

  1. ヒト
    1. 地域の仲間が増えた
    2. 家族と過ごす時間が増えた
  2. モノ
    1. 自宅の仕事場がつくれた
    2. キャンプのギアが増えた
    3. 数十年ぶりにゲーム「Fortnite」にハマった
  3. カネ
    1. 外出が減り、浪費することがなくなったので微増


ということで、コロナという未曾有の変化に翻弄されつつも、良い側面も多くありました。

この中でも、特にいまHOTな話題としては、「地域の仲間が増えた」ことです。

ところで、みなさんは自分の住む地域の半径3km以内に仲間・友達と呼べる人はいますか?

インターネットによって誰でもつながれる世の中になりましたが、「物理的に会う・会える」ということは、ますます価値のあることになって行くと思います。

そうなると、上記のような「地域の仲間やつながり」の価値が必然的に上がると考えていますし、わざわざ遠くに出向かなくても、近所の居酒屋で安心して一緒に飲める仲間がいることは嬉しいことではないでしょうか?

私自身、「職住接近を意識して、地域で何かやりたい」という想いから、約一年前より西鎌倉CONNECTという地域コミュニティを立ち上げていて、段々と関わりを持つ仲間の輪が広がっていくのを感じています。

*西鎌倉CONNECTは、地域にゆるく、心地よいつながりをつくる為に活動しているコミュニティです。

例えば、こんな地域イベント

十五夜に月を眺めよう!〜地域のつながりをつくる〜


を企画したりしています。

現在は、コミュニティの設計についてコアなメンバーで話をしていて、組織のグラデーションを「ファンゾーン、イベントゾーン、サロンゾーン、コアゾーン」などと分類するなどのディスカッションを毎週しています。
それがまた楽しくて、実は私の本業でもある経営とか組織づくりと似た考え方で、いろいろと勉強にもなっています。

ということで、「地域のつながりって良いですよ」という話でした。

代表のストレングスファインダー公開!

一緒に働く仲間との関係性を良好にするため、私の強みと弱みを把握してもらう目的で公開しています。ご参考にしていただけると嬉しいです!

※ストレングスファインダーとは?
「ポジティブ心理学の祖父」として知られる著名な心理学者ドン・クリフトン(ドナルド・O・クリフトン)氏が開発した、「才能を診断するツール」です。

■TOP5の資質

・アレンジ力

・適応性

・成長促進

・調和性

・共感性

ここから解釈するに、私の得意は

・人の能力や特徴を見極めることが得意

・多様な人材の適材適所ができる

・対話を好み、それを通じて方向性を作っていく

・ざっくりとした計画で進む

・金銭的なものよりも事業の価値を望む傾向がある

逆に苦手なことは、

・緻密な計画を立てること

・ビジョナリーというよりは、現実主義

・言い争いや衝突

・ルーチンワーク

・厳密なルールがあること

ということで、なんとなくルールに縛られずフリーに扱うと良いのかもしれません(笑)

ただ、一緒に働く仲間が不安にならないように、ビジョナリーであり、もう少し計画を立てて行動していきたいと思います。(最低限はやっていますが、緻密までにはいきません。。。)