顧問先企業のリリース(iYell株式会社)

顧問先がまたまた大きなプレスリリースをされました。

CFOのコメントにもありましたが、
単なる資金の調達ではなく、「事業提携」に徹底的にこだわったラウンドでした。「事業提携」と「出資」を同時に進める難易度の高いラウンドではありましたが、iYellの狙う市場とビジネスモデル、そしてそれを実現させるための組織文化に高い評価を頂き、多くの企業様から出資頂くことができました。』

ということで、
業界の中でも「信用・信頼」の重要度が高い金融機関からの融資及び提携は、とっても意義深いものだと思います。

引き続き全力で支援して参ります。

支援先企業のリリース(ウェルスナビ株式会社)

支援先企業各社の大きなニュースが続きます。

預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザーの「WealthNavi(ウェルスナビ)」が預かり資産1500億円を突破!

ウェルスナビ株式会社は、ノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を、全自動で実現するロボアドバイザーサービス提供をしている会社です。

顧問先企業のリリース(iYell株式会社)

マッキンゼー社の日本支社長からカーライル・ジャパン社の共同代表も務められた平野氏が戦略顧問として就任されました。

これでますます経営を支えるチームは豪華な顔ぶれとなりました。
弊社もハンズオンで強力に支援してまいります!

支援先企業ニュース(GROOVE X 株式会社)

「教育分野向けの展開」と「30億円の資金調達」を実施されました!

デジタルハリウッド大学大学院教授の佐藤昌宏氏らをアドバイザーとして迎え、ベネッセスタイルケア、ファミリア、LITALICO(リタリコ)、髙島屋、メルセデス・ベンツ日本といった5社のパートナー企業と協力してLOVOTの子どもに対する影響などの研究を進めていく予定です。

未来をつくっている企業の一つであると思っています。
弊社もますます支援を加速してまいります!

顧問先企業のリリース(iYell株式会社)

顧問先が2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングの小規模部門(従業員25-99人)の5位に入賞しました!(昨年は16位)

これまた嬉しいニュースです。入賞はもちろん、ランキングも上昇して、社員数も倍近くになっている中で、このような客観的な評価をもらえたことは本当に「良い会社」であることが証明されたと言っても過言ではないと思います。引き続き応援していきます!

働きがいのある会社ランキングとは?

Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)はランキング参加企業のアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社」として発表しています。アンケートは従業員向けと企業向けの2種類で構成されており、GPTWジャパンと外部有識者からなる委員会が精読し点数をつけ、ランキングを決定しています。アンケート項目と評価基準はグローバル共通です。

https://hatarakigai.info/ranking/japan/2019.html

顧問先企業のリリース(iYell株式会社)

私も多くのスタートアップ企業をみてきましたが、創業2年8ヶ月で離職率0%を維持したまま従業員100人を突破というのは、かなりめずらしいと思います。
創業10名以下の段階からハンズオンで人事支援をさせて頂いていることから、嬉しい報告でした。